投票のための登録

郵便投票として送付されるには、登録投票者である必要があります。自分が既に登録されていると思う場合は、「マイ投票者ステータス」のツールを通じて登録状況をオンラインで確認する事ができます。

登録がまだお済でない場合は、RegisterToVote.ca.govを通じてオンラインで登録を行う事ができます。投票登録手続きの一環として「永久郵便投票者」になる選択肢が提供されています。これは各々の選挙の前に投票用紙が自動的に郵送されてくるようになるという事です。

郵便投票

選挙日に投票所に出向く代わりに、送付される郵便投票用紙を用いて投票を行う事ができます。

投票用紙に必要な情報を全て記入した事を確認したら付属の封筒に入れてください。

記入した投票用紙は以下のような方法で返送する事ができます:

  1. お住いの郡の選挙管理者に宛てた郵送;
    • 郵送投票の投票用紙は、選挙日当日またはその前の消印が有効であり、選挙日の7日以内に郡選挙事務所に必着です。  
    • 自分の郵便投票が時間内に到着するか不安な場合は、選挙日の午前7:00時から午後8:00時の間に同州の投票所まで持参して下さい。
  2. 個人的に投票所または郡の選挙管理者の事務所に持参する場合;
    • 個人的に郵便投票用紙を持参する場合は、選挙日が終了する午後8:00時までに行う必要があります。
  3. 郡の投票投函箱に投函する場合;または
    • 郵便投票用紙を個人的に投票投函箱に投函する場合は、選挙日が終了する午後8:00時までに行う必要があります。
  4. 代理投票を委任する場合。
    • 対価の授受を伴わない限りにおいて、他人に投票を委任する事ができます。投票が有効として扱われるには、投票用封筒の外側に記載されている委任セクションを記入する必要があります。

郵便投票用紙が郡の選挙管理者によって受け取られる際には、返送用封筒に記載された投票者の署名が投票登録カードに記載された署名と一致するかどうかが確認されます。投票用紙は、投票内容の秘密を守るために封筒と別々にされてから集計されます。

有効な郵便投票用紙は、選挙の結果や接戦の度合いに関わらず、カリフォルニア州における全ての選挙で計上されます。投票の確認および集計の方法および時期に関する追加の情報については、公式の投票調査が実施される方法の説明をご覧ください。

初めて投票する方へ

投票登録をする際は、運転免許証の番号や、カリフォルニア州の身分証明書の番号、または社会保障番号の下四桁を尋ねられたはずです。投票するのが初めてで、登録時にこういった情報を提供していない場合は、以下のような方法を検討してください:

郵便投票:投票を行う前に、あなたの身分証明書のコピーを郡選挙事務所に送付してください。郵便投票申請を用いて郵便投票をリクエストする場合は、その申請書と共に身分証明書のコピーを送付する事ができます。この手続きを投票前に行わなかった場合、投票用紙が受け取られた際に郡選挙事務所から身分を確認するための連絡が為されます。郡選挙事務所が郵便投票用の投票用紙が入った封筒を開封する前に、郡選挙事務所に適切な身分証明書を提供する必要があります。身分を確認できなかった場合には、郵便投票用紙が入った封筒は開封されず、あなたの投票が計上される事はありません。

投票所での投票:投票所で投票を行う前に、適切な身分証明書の提供を求められる場合があります。

適切な身分証明書には以下のようなものが含まれます:最近の公共料金の請求書や、郡選挙事務所から送付された郡投票者情報ガイドまたは政府機関から送付された別の文書、パスポートや、運転免許証、カリフォルニア州のIDカード、または学生証のコピー。初めて投票する際に必要な身分証明書のタイプに関する詳細につきましては、適切な身分証明書の一覧(PDF)をご覧いただくか、(800) 339-2865までフリーダイヤル有権者ホットラインを通じて州務長官にお電話をしていただくか、郡選挙事務所までお問い合わせください。

あなたの郵便投票の状況

カリフォルニア州選挙規則セクション3017(c)では、郡の選挙管理者に対して郵便投票用紙の受領の追跡および確認と、軍の選挙部門のウェブサイト用いたオンラインアクセスシステムまたはフリーダイヤルを介してこの情報を利用可能にするための手続きを確立する事が求められています。

また、自分の投票の状態は「マイ投票者ステータスマイ投票者ステータス

Where's My Ballot?

カリフォルニア州の州務長官は、投票者が自らの郵便投票の状態を追跡し、そういった情報に関する通知を受ける事ができる新たな方法としてWhere’s My Ballot?というサービスを提供しています。BallotTraxが提供しているWhere’s My Ballot?を利用すれば、投票用紙がある場所や投票の状態の全ての段階を把握する事ができます。

サインアップをしている投票者には、郡の選挙管理者からイーメールや、テキストメッセージ、またはボイスメッセージを通じて以下のような情報を含む郵便投票の状態に関する通知が送信されます:

  • 投票が郵送された時期
  • 投票者の投票用紙が投票者に郵送される予定日
  • 投票者の投票用紙がUSPSによって郵送不可能として郡の選挙管理者に返送された場合
  • 投票者が記入した投票用紙が郡によって受け取られた時期
  • 投票者が記入した投票用紙が受け取られたかどうか。または投票用紙が受け付けられなかった理由。および投票用紙を受け取ってもらうために投票者が実行できる手順についての指示。
  • 郡の選挙管理者によって指定された日付までに投票者が記入した投票用紙が郡によって受け取られていない場合に、投票者が投票用紙を返送するための締め切り日。

投票の状態に関する自動的なイーメールや、SMS(テキストメッセージ)、またはボイスメッセージを受け取るには、WheresMyBallot.sos.ca.gov にサインアップしてください。

Where'sMyBallot?にサインアップしてください。

米国大統領選挙の投票方法

カリフォルニア州における資格のある政党は、次の 2 つの方法のいずれかで大統領予備選を開催できます。

  • 閉ざされた大統領予備選挙の休憩スペース  - 同党は、その党への選好を示した有権者のみが大統領候補への投票を許可しています。
    • 緑の党、平和自由党、共和党の 3 党が非公開で大統領予備選を実施しています。
  • 修正された非公開の大統領予備選挙の休憩スペース - 同党は、その政党への支持を表明した有権者がその大統領候補者に投票することを許可することに加えて、無党派有権者(支持政党を示さなかった有権者)もその大統領候補者に投票することを許可しています。
    • アメリカ独立党、民主党、リバタリアン党の 3 党が修正された非公開の大統領予備選を実施しています。

支持政党なし/政党なし

お住まいの郡選挙事務所に「支持政党なしの有権者によるクロスオーバー投票用紙に関する通知および申請書(PDF)」を提出するか、次の方法で、お住まいの郡選挙事務所経由で大統領候補者の再発行された投票用紙を請求できます。

  • 電話
  • 電子メール
  • ファックス
  • その他の電子的手段

郵便投票用紙を紛失して補充が必要ですか?

カリフォルニア州投票用紙再発行申請書

登録済みの有権者本人のみが再発行された投票用紙を請求できます。登録済みの有権者以外の者による、再発行された投票の請求は違法となります。(選挙法法規 § 3014[a]。)

カリフォルニア州の再発行された投票用紙はこちらからご覧いただけます。

郵便投票用紙を代表者に提供するための申請書

再発行された投票用紙が必要な場合は、郵便投票用紙を代理人に提供するよう書面で申請できます。この申請書は、あなたの代表者が郡選挙事務所に直接提出する必要があります。(選挙法法規 § 3014[b]。)

投票用紙にマークを付けたら、上記のいずれかの方法で投票済みの投票用紙を返送できます。

代表者に郵送投票用紙を提供するための申請書は、こちらからご覧いただけます。

軍隊に所属している場合および海外にいる場合の郵便投票

軍隊に所属している投票者または海外にいる投票者が、在住する郡にいない間に選挙に関する資料を受け取って投票を行うには、オンライン投票者登録申請または連邦ポストカード申請(FPCA)を行う事によって郵便投票に申請する必要があります。FPCAは連邦投票補助プログラム(FVAP)から利用できます。

詳細については、軍隊に所属している場合および海外にいる場合の投票情報のセクションをご覧ください。